TEL

手の痺れへの整体は効果があるの?

 

そもそも手の痺れは何故起こるのか?のところから入りたいと思います。

 

痺れが起こる原因は様々でその原因はしびれの程度、痺れ方の種類タイミング等によって異なります。

 

手が痺れる主な原因は脳や脊髄の病気または神経の圧迫によって起こるもの、内科的疾患、さらには血流不良によって起こるものなどがあります。

整体に評判のこころ整骨院十条院の手の痺れに対しての治療

手が痺れる主な原因

「脳の病気」

一過性脳虚血生発作・脳出血・脳梗塞・くも膜下出血・脳腫瘍など

脳血管が詰まったり出血したりすると、脳の細胞に血液がいかなくなってしまったりそのことによりダメージを受けた脳の場所によって様々な障害を起こします。

これが運動機能をつかさどる場所や手足に関係する場所であった場合、手足が痺れる事があります。

このような脳の病気の場合は手足のしびれの他に吐きや嘔吐・頭痛・ロレツが回りにくい・体の一部動かしにくい・めまいなどの症状も現れます。脳の病気は命の危険に関わることもあるため、このような症状がないかも合わせて確認し、もしあるようなら早急に病院に行きましょう!

<椎骨・椎間板による神経の圧迫>

変形性頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア・頸椎後縦靭帯骨化症など

人間の身体には、一般的に背骨と呼ばれている脊椎というものがあります。この脊椎は頸椎(首)、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎という椎骨で構成され、それぞれの間には骨と骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板があります。この椎間板が様々な圧力によって飛び出し、その結果、脊髄や近くを通っている神経を圧迫することで手のしびれが起こるというわけです。

また、加齢に伴い椎間板が変形し神経を圧迫することでもしびれは起こるのです。

 

<末梢神経の圧迫>

胸郭出口症候群・手根管症候群・肘部管症候群など

腕や手の動きを支配する末梢神経や、血管が通る道が狭くなったり圧迫することでしびれが起きます。

このタイプの手のしびれでは、体型や職業(よくする動き)などによっても原因が異なります。例えば、なで肩や重いものを運ぶ労働者・肩の下がっている人腕や肩周りの動きを支配する神経や血管が通る隙間(胸郭出口)が狭くなることでしびれが起こります。

手首をよく使う人や腱鞘炎・むくみなどでは手先に伸びる神経が通る隙間(手根管)を圧迫することでしびれが起こります。またガングリオン(主に手首などの関節にできやすいゼリー状の物質がつまったコブ)や腫瘤(血液や老廃物などの塊・コブ)・加齢による骨の変形けがなどで肘の内側の神経が通る隙間(肘部管)を圧迫することでもしびれは起こります。

<血流不良>

肩こり筋肉痛などで、筋肉が凝り固まり血液の流れが悪くなることでもしびれが起こるとされています。

実はこの症状で痺れる方は意外に多く、ヘルニアと診断されて実際に治療してみると、実は血流不良によるものということは非常に多いのです。

<その他>

甲状腺機能低下症・糖尿病などの内科疾患は、神経障害の症状として手足のしびれがあらわれることがあります。

また、自律神経障害やストレスなどでもしびれが起こることがあるとされています。

 

こころ整骨院十条院では整体により体のバランスを整えることによって痺れへの対応を得意としています。

痺れがあっても、怖がらず、まずは来院してみることです。

痺れは原因が様々なので、その症状を見極め整体施術をすることで、効果はでます。

逆に放っておくと痺れがますことも多くずっと残ってしまうこともあるので注意が必要です。