TEL

整体とマッサージの違いって?

世の中には整体、指圧、マッサージ、針、、、等色々ありますね。

実際にはどこに行っていいかわからないと行った経験ありませんか?
ここでマッサージと整体についての違いについて触れていきたいと思います。

マッサージとは?

整体で評判のこころ整骨院大山院のサッサージの写真
マッサージ(仏: massage)は、皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法である。マッサージは、フランスで生まれた手技療法(仏: massage、マサージュ)を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や朝鮮式のマッサージ(안마と呼ばれるものは除く。)も便宜的に「マッサージ」と呼ばれる。
マッサージには静脈・リンパ循環を促進する効果がある。スポーツ・運動時前後には、筋肉緊張をほぐしたりするためにマッサージが用いられる。他にマッサージによる(適度な)刺激などにより、緊張の緩和をもたらし、筋肉痛を和らげる、排便を促す、気分が和らぎ眠りを誘う、等がある。
マッサージ – Wikipedia 参照

こういう風に書かれています。
要するに血液の循環を良くして、体の改善を図ると行ったものです。
また、最近では慰安目的で使われます。
体がしんどいとか疲れているとにほぐして欲しいといった具合ですね。

それに対して整体とは?

整体で評判のこころ整骨院大山院の整体(カイロプラクティック)をしている写真

整体(せいたい)とは、日本語では主に手技を用いた民間療法、代替医療を指す。日本語としては、大正時代に用いられるようになった用語で、アメリカで誕生したカイロプラクティック・オステオパシー・スポンディロセラピーなどと日本古来の手技療法と組み合わせたものを、「整体」や「指圧」と名付けたのが始まりのようである[1]。現在、俗に用いられる意味では、カイロプラクティック(脊椎指圧療法[2])に似た骨格の矯正(主に脊椎)を目的とした手技療法を指して使われることが多い[3]。脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、からだ全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具で行う技術およびその行為[要出典]を指しているという意見もある。
なお、中国語の「整体」は全体、総体、または全体観(ホーリズム)という概念を意味しており、日本語の体の筋骨を整える治療技術を指す整体とは意味が異なる[4]。たとえば「整体看護」は、プライマリーナーシング(受持看護師制、看護過程[5])の中国語訳である[6]。中国語の整体は手技療法を意味しない。中国医学や中医学では、「整体」(整体観、整体観念)は基本概念のひとつである。人間の身体を一つの統一性ある有機体と見なし、万物を相互に関連付けるといった考え方を意味しており[7]、ユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)やアーユルヴェーダ(インド伝統医学)にも同様の概念が見られる[8]。全体観は、伝統医学においてはよく見られる考え方である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/整体 参照

と書いてあります。

要するに整体は体の歪みやずれ関節の動き等をよくして、体全体のバランスを整えていきます。ということです。

マッサージは血流を良くして、整体は体のバランスを整える。
どっちも大切ですね!

こころ整骨院十条院では、整体はこころ式背骨歪み矯正トリーガポイント療法といって、深部の筋肉を刺激し活性化させることで、より筋肉の働きを良くし、また血液の循環を良くする治療を行なっています。

要するに両方兼ね備えているのです。
こころ整骨院十条院ではおかげさまで患者様にも良くなったよ!楽になった!姿勢が奥さんに変わったね!と言われるといった声をたくさんいただいております。

整体を受けてみたい、マッサージを受けてみたい!といった方はこころ整骨院十条院で整体治療のこころ式背骨歪み矯正を受けてみてください!