TEL

ジャンパーズニー

ジャンパーズニーとは?

別名:膝蓋腱炎と言われ、通称:ジャンパーズニーと言われています。

名前のごとく、ジャンプする機会が多いスポーツによく見られるスポーツ障害です。

バレーボール・バスケットボールなどのジャンプの着地があるスポーツや

サッカーのキック、ダッシュがある陸上競技を繰り返すことで

オーバーユース(使い過ぎ)で痛めてしまいます。

好発年齢

12〜20歳

特に10代の男子に多いです。

オーバーユースで原因で上がりますが、

この年齢の時期は、成長期にあたります。

ということは骨がまだしっかりできていない時期です。

急激な成長に筋肉が追いつかず、引き伸ばされてしまい膝の柔軟性が落ち、

膝は衝撃を吸収するので吸収力が低下し膝蓋腱が炎症を起こします。

治療

・運動の中止

炎症があるときはアイシングをしっかり行い、負荷のかかる動作は控えます。

・ストレッチ

主にジャンパーズニーは大腿四頭筋と呼ばれる太ももの前の筋肉が原因であることがあるので大腿四頭筋を柔軟性を出すためにストレッチを行うのがいいでしょう。

・筋肉の治療

膝の筋肉の大腿四頭筋も単体で動いているわけではありません。

それこそジャンプするときには、お尻の筋肉や腕の筋肉、腹筋、背筋と全体の筋肉が連動して動いています。

体のバランスが悪いといつも同じ場所に負担がかかることもありますので、

全身の筋肉の緊張を取る治療が求められます。

・背骨の矯正

筋肉に付着するのは必ず骨です。

ですので筋肉の緊張が増えると関節のズレが生じます。

体が歪みます。人間必ず癖が大なり小なりありますので、歪んだ状態でスポーツをするとパフォーマンスが落ちることもあります。

またいつも同じところに負担がかかるため、体の歪みのせいで膝に負担がかかっていることも多いです。

なので背骨の矯正治療は根本治療には欠かせません。

ジャンパーズニーでお困りの方はこころ整骨院十条院でしっかりと対応させていただきます。