TEL

整骨院とは

整骨院とは、怪我を治療するところです。

怪我には、5つの種類があります。
また急性期の怪我と定められています。
(急性期とは、1週間ぐらいでの痛み)
骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷
これらの外傷が認められた場合、整骨院で保険診療を受けることができます。

(骨折・脱臼の後療法には医師の同意が必要です)

わかりやすい怪我もありますが、わかにくい怪我もあるかと思います。

例えば挫傷とは、簡単に言うと肉離れとも言います。
走っている時に、ふくらはぎを肉離れすることがあります。
また捻挫も全身の至る場所で起こります。
例えば、朝顔を洗っていた際に、起きが上がり時に、腰に急な痛みが走ったなど、急に何かの動作で痛めてしまった。

その場合腰部に捻挫が起きている可能性があります。

検査所見で怪我と認められれば、保険適応で治療をすることができます。

pixta_15588431_S

整骨院と接骨院の違いは

ズバリお答えすると違いはありません!
昔は接骨院と書かれているところが多かったと思います。
また最近は整骨院でも実費治療で整体治療を行うところ出てきました。
開院名は近年どちらでもいいとのことで、そこの院長先生の好みになっているのが現状だと思います。

pixta_17175496_S

整骨院と整体院の違いは

いくつか違いがあります。
大きく違うのがまず資格が違います。
整体院の先生は、民間資格または無資格の方がやられているので現状です。
整骨院は柔道整復師という国家資格を持っています。
柔道整復師が外傷を見ることが出来て、保険診療をすることができます。
3年間から4年間、専門学校や大学に通って、人体のメカニズムからしっかり勉強しています。
また整体師の先生は、勉強されいる方も当然いますが、民間資格なので、なろうと思えばその日から、
「私は整体師!」と言えることがあります。
これは怖いのが、知識もないのに患者様のお身体を触っているという現実があります。
整体に行って、首が回らなくなったと、駆け込みで当院にいらっしゃる方も少なくないです。
なので、すべての整体院がそうとは限らないですが、気をつけてください。

pixta_20037716_S

整骨院とマッサージ院の違いは

マッサージ院は慰安目的で行なわれているところです。
整骨院は体の痛み、怪我を治すところです。
肩を上げると痛い、首が回らない、などの症状でマッサージを行っても、
良くならないことがあります。
それは肩が上がらないなどの原因がマッサージでは解決されないことが多いからです。
そのような症状でお困りの方はこころ整骨院でお待ちしております。

pixta_13115284_S

整骨院と整形外科との違い

簡単にお伝えすると、整形外科は整形外科医の先生が診療されています。
レントゲン撮影が可能であることと、薬を処方して頂けます。
レントゲンや画像所見が必要な方もおられますが、例えばヘルニアと診断されている方でも、当院の治療で良くなられている方が多いです。
それは、整形外科では薬で治そうとするので、原因となる根本治療をすることが少ないからです。
腰が痛む、腰が痛いのには原因がありますが、そこで痛み止めの薬や牽引器で引っ張られてもその場で良くなっても、
また同じように症状が出てきてしまい、困っておられる方が多いです。

ご予約の方優先にて治療を進めていますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

pixta_23215377_S