TEL

シンスプリントとは?

整体で評判のこころ整骨院十条院のシンスプリントについての記事の陸上競技の写真

シンスプリントとは脛骨中下1/3(スネの内側のあ辺り)が痛くなるスポーツ傷害です。

ほとんどのものが脛骨過労性骨膜炎であり、ひどいものでは疲労骨折も起こす疾患です。

なぜシンスプリントになるの?

整体で評判のこころ整骨院十条院のシンスプリントの練習風景写真

シンスプリントになる人たちに多いのは、スポーツを始めたての頃です。

最初は体の使い方もままならない状態で無理に酷使したりすることで発生することが多いです。

ランニングなどの陸上競技からどんなスポーツでも起こりえます。

また他にも足のアーチが悪かったり、フォームが崩れた状態でも起こります。

痛みが引くまで安静にできず、無理して酷使することで結局疲労骨折になり、せっかくの練習が台無しになることもしばしです。

しっかりと一度治すことが実は一番の近道だったりするのです。

治療

整体で評判のこころ整骨院十条院のシンスプリントへの整体治療写真

安静:まず痛みが出ている時は無理に競技や練習を中止します。

アイシング:練習後はしっかりとアイシングをしてクールダウンをします。

ストレッチ:足の柔軟性が悪いことがあるので、特に足のストレッチを行います。

マッサージ:スネについている筋肉はスネから足の裏に付いたりします。

歩く、走るなどの動作にはスネ以外の筋肉も必ず連動しています。

なので全身の筋肉のアプローチが必要です。

特にお尻や腰の筋肉は重要です。

矯正:背骨の矯正が有効です。フォームの崩れがある場合などは、姿勢が改善されない限りまた再発することが多々ありますので、背骨の矯正治療は有効です。

こころ整骨院十条院では、シンスプリントの患者様の方に適切な治療をお勧めしています。