TEL

野球肩

整体で評判のこころ整骨院十条院の野球肩で野球をしている画像

野球肩は悪化すると大変なことに!

軽症のうちに正しい治療をしましょう。

野球肩の種類

そもそも野球肩にはいくつか種類があります。

滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、肩甲上神経麻痺による棘下筋萎縮、インピンジメント(impingement)症候群、上腕骨骨端線障害(リトルリー
グ肩)などの投球動作によって引き起こされる、さまざまな肩関節障害の総称です。

好発年齢は10〜16歳です。

この年齢ではまだ筋肉も出来上がっていない状態や無理の投球で肩を痛めてしまうことがあります。

治療のポイント3つ

整体・整骨で評判のこころ整骨院十条院の野球肩で治療している画像

1、投球数を管理してオーバーユース(使い過ぎ)を避ける

治療をしてもまた無理に負担をかけてしまうと、炎症の再発や筋・腱の損傷に繋がるからです。

2、トリガーポイント(しこり)の治療をする

投球フォームの崩れなどで、無理な体の使い方で筋肉にトリガーポイント(しこり)ができます。

トリガーポイントができると、筋肉に力が入りにくくなったり、筋力が落ちることがあります。

その為肩の筋肉の治療だけでなく、体幹の筋肉も治療する必要があります。

3、背骨の矯正治療を行う

トリガーポイントができると、背骨が引っ張られて歪みます。

歪むことで体の使い方が変わり、また肩に負担をかけるという悪循環が起こります。

野球肩でお困りの方はこころ整骨院十条院に一度いらしてみてください。