TEL

テニス肘とは?

整体治療で評判のこころ整骨院十条院のテニス肘についての肘を痛がっていうる人の写真

テニス肘とは、肘の外側部が痛む疾患です。

ちなみに肘の外は、手の平を上に向けた時に外側にあたる場所です。

テニス肘という名前ですが、テニスだけで引き起こされるわけではなく、

テニスをされる方に多いスポーツ障害だから、テニス肘と名付けられています。

つまり日常生活でも痛みが出ることがあります。

それはパソコンスマートフォンのやりすぎでも痛むことがあります。

病態

整体で口コミのあるこころ整骨院十条院のテニス肘についてのテニスをしている写真

繰り返しの作業で肘に負担が増加して痛むのです。

またその作業を中止をしないと長引くこともあるので、

症状がなかなか取れ辛いこともあります。

テニスも素振りや同じ使い方を続けていると、回復には持っていけないのです。

別名「上腕骨外側上顆炎」と言われています。

 症状

テニス肘についての記事で整体で評判のこころ整骨院十条院が紹介する症状の写真

ものをつかんだり、タオルを絞る動作があると肘の外側から前腕にかけて痛みが出現するのが特徴です。

ほとんどの場合、安静時の痛みはありません。

検査

1、Thomsen(トムセン)テスト

検者は手首(手関節)を曲げるようにして、患者さんには肘を伸ばしたまま検者の力に抵抗して手首(手関節)伸ばします。

この際、痛みが誘発されると陽性の可能性があります。

整体で評判のこころ整骨院十条院のテニス肘の検査法トムセンテストの写真

2、Chair(チェアー)テスト

患者さんに肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げる

この際、痛みが誘発されると陽性の可能性があります。

整体で評判のこころ整骨院十条院のテニス肘の検査法チェアーテストの写真

3、中指伸展(ちゅうししんてん)テスト

検者が中指を上から押さえるのに抵抗して、患者さんは肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。

この際、痛みが誘発されると陽性の可能性があります。

整体で評判のこころ整骨院十条院のテニス肘の検査法中指伸展テストの写真

治療

整体で評判のこころ整骨院十条院のテニス肘についての記事でテニス肘を治療している写真

・肘から指にかけてのストレッチをする

・テニスで痛い動作やパソコンの使いすぎに気をつける

・肘のサポーターを使い肘を保護する

・全身の治療を行う

肘の使いすぎではありますが、姿勢の関係で肘に負担がかかっていることがあります。

テニスでいうと、バックハンドの際に体幹の腹筋が弱っていたり、腰がゆがんでいると肘に無理に力が入るので痛む要因になることもあります。

パソコンでも姿勢の崩れ、猫背になると肩に負担が増えるので肩が凝り、その関係で今度は肩の負担を逃がすために肘に負担が行くこともあるのです。

なので肘の周りの筋肉をストレッチやほぐすだけではなく、

体全体の治療が必要です。

すなわち背骨の矯正治療や体幹周りの筋肉をほぐす必要があるのです!

こころ整骨院十条院では、テニス肘の方がいらした際は、

肘の治療だけでなく、背骨から全体を見て治療していきます、